皆生温泉の歴史

皆生温泉の歴史

山陰屈指の名湯 皆生温泉の歴史

「皆生」という地名は戦国時代の天正年間(1573~1592)にこの地にあった「海池」と呼ばれる大きな池に由来します。その「海池」が「皆生」になったのは江戸末期の慶応3年(1867)のこと。 地元で通俗的に呼ばれて当て字がそのまま名称になったという逸話を持ちます。温泉が発見されたのは明治初めの1900年。その昔、皆生海岸はイワシやアジの好漁場として、とても漁業が盛んであったこともあり最初に発見したのも、浜辺で漁をしていた地元の漁師で、泡が噴き出ているのを偶然にも見つけたそうです。 それから1世紀以上、海中より噴き出す湯は今では山陰屈指の名湯として語り継がれています。泉質はナトリウム、カルシウム塩化物泉、弱食塩泉塩湯の特徴で保温効果にすぐれ、神経痛、リュウマチ、皮膚病、痩身効果などの効能がございます。源泉は16~19か所あり、源泉温度は最高80度です。

漁師が偶然にも発見した海に噴き出す泡。それは、地元に潤いをもたらすお宝だった。
女性にうれしい 美肌の湯

その湯はタラソテラピーのパイオニア?
皆生温泉の泉質は、優れた保温効果で美容・健康に一役!

美保湾海底から湧く湯は県下一の湧出量。さすが海に湧く湯だけあって、泉質は含土類食塩泉。つまり塩化物泉、「塩の湯」ということがデータでも証明されています。
塩分濃度が濃いことは、すなわち保温力が高いということ。カラダの芯まで効果的に温め、新陳代謝を活発にする働きが期待できるとも言われています。昨今の健康志向で、注目を集めているタラソテラピー。これは海水を用いた自然療法で、欧州ですでにスタンダードに用いられている美容健康法。 日本でも徐々に浸透し始めています。つまり皆生の湯は、タラソ効果を湯に浸かるだけ実感できる癒しの湯。100年も前から利用されてきた、タラソの元祖とも言える存在なのです。

皆生温泉の湯を菊萬でお楽しみ下さい

詳細はこちら
露天風呂 露天風呂
露天風呂に心地よい音楽が流れています。日常を離れた空間で皆生の塩湯をごゆっくりお楽しみくださいませ。 男湯、女湯ともにご準備しております。
女性内湯 女性内湯
赤みかげ石の大浴場とジャグジーで心身ともにごゆっくりおくつろぎください。大きな弧を描く優しいデザインの浴槽。なみなみと撓む皆生の湯が貴女を包み込みます。
男性内湯 男性内湯
四国の青石をふんだんに使用し広々とした雄大で力強い印象の岩風呂です。 悠々と広がる岩壁はひとつの世界観のなか荒々しくも壮麗に癒しの空間を演出しています。